ふるさと納税の徹底活用

ふるさと納税の仕組み

ふるさと納税

ほとんどの人が毎年当たり前に住民税をはじめとする税金を払っていると思いますが、その税金をカットする方法の一つがふるさと納税です。

ふるさと納税は、自分の住む地域以外の都道府県に住民税を収める制度で、出身地などに関係なく自由に納税先を選ぶことが出来るのです。対象の都道府県への寄付扱いとして、納税した金額から2000円が税金から控除されます。

さらに、各自治体が用意している返礼品を受け取ることが出来るのが人気の秘密。

特産品から各種サービスまで、自治体によってはパソコンや鞄などあらゆる物が返礼品として用意されています。

お肉やお米をはじめ、普段はなかなか取り寄せてまで購入しない特産品を受け取った上で税金が控除されるとなれば、人気が出ない訳はありません。余談になりますが、東京都などはあまりにもふるさと納税を使う人が増えてしまって、大幅に税収がダウンしてしまったといいます。

ふるさと納税と確定申告

2015年の4月1日より、一定条件を満たす方に限り、年間5自治体までの寄附であれば、寄附ごとに申請書と、個人番号確認等の書類のコピーを寄附先の自治体に郵送することで確定申告が不要となるワンストップ特例制度が出来ました。

一定条件というのは、もともと確定申告をする必要のない給与所得者であること、1年間の寄付先が5自治体以下であることがあります。条件を満たさない場合は確定申告が必要になります。

ふるさと納税の還元率

ふるさと納税

ざっくりとした説明となりますが、例えば年収が600万円の方は、ふるさと納税を活用しない場合は65000円の税金を収めることになりますが、ふるさと納税で65000円を寄付することで、63000円の税金を先払いしたことになるのです。

実質2000円の負担で、更に寄付先から返礼品がもらえるというお得感。

どうせ必ず支払う必要のある税金が返礼品と交換だというこのシステム、利用しない手はないと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする